FX商材検証評価レビューブログ[特典付き]

FX流れ星の情報商材検証ブログ

プロフィール

nagareboshi

Author:nagareboshi
これまでに数多くの情報商材を購入してきました。優良のものから詐欺まがいのものまで、まさに玉石混淆。そんなFX情報商材を本音で検証しています。システムトレードよりも裁量派。当サイト経由でのご購入で限定特典プレゼント中!

ブログ内検索

ビクトリーメソッド

ビクトリーメソッドはどの検証ブログでも高評価で、当ブログでも評価の高い商材です。

ビクトリーメソッドの検証結果はこちら

FXエントリー

5分足を使った手法でエントリーチャンスも多く、シグナルもたしかに有効でした。またFXアカデミーを使用している仲間が多いのも心強いですね。

FXエントリーの検証結果はこちら

FXフロンティア

評判の良い商材です。ツール単体の能力はたしかに強力でした。

FXフロンティアの検証結果はこちら

superFXsystem

年間1000pips以上稼いでくれたこともあるシステムです。こちらも息の長いシステムで検証のしがいのあるシステムでした。

superFXsystemの検証結果はこちら

ビックバンFX

数年前から人気のあるシステムです。取れる時にガツンとpipsを稼いでくれますので、他システムと併用して走らせるのが良いと思います。

ビックバンFXの検証結果はこちら

FXテクニカル分析の王道

動画の解説が分かりやすく、テクニカル分析を学ぶのには最適の商材です。

FXテクニカル分析の王道の検証結果はこちら

Diago式FXデイトレブレイクアウト手法

2月26日から資金20万円でC君タイプで検証しました。

Diago式FXの検証結果はこちら

マーフィーのスパンモデルFX

マーフィーのスパンモデルFX。こちらも息の長い裁量取引マニュアルです。

マーフィーのスパンモデルFXの検証結果はこちら

免責事項

当ブログに掲載されている内容は個人的感想であり、内容についての一切の責任を負うものではありません。それによって生じるいかなる損失についても責任を負いかねますので御了承ください。なお、予告無しに内容が変更又は、廃止される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GOLD SIGN FX とQQEについて

2008年02月03日(日)


GOLD SIGN FX

GOLD SIGN FX とQQEについて

昨年の秋ごろの話題になりますが、無料シグナルQQEがチャートストーリーさんのご紹介により
急激に普及しました。かなり精度の良い無料シグナルとのことで、私も一時、自分自身の裁量トレードの中で
ある程度参考にさせて頂きました。

当時、そのQQEというシグナルと、有料情報商材であるGOLD SIGN FXのシグナルが全く同じ、
いわゆるパクり疑惑という投稿がちらほら見受けられました。これが嘘の投稿なら風評被害も甚だしく、
当ブログでGOLD SIGN FXの潔白を証明したいと思います。もちろん商材自体の評価は別として,ですが。
ただし、全くシグナルが同じだとそれはそれでパクリ認定致します。

早速ですが、過去のチャートを比較しました。
丸シグナルがQQE、矢印シグナルがGOLD SIGN FX。

1

結果は、たしかにシグナルはかなり似ているが、しかし全く同じではない。
結論は、GOLD SIGN FXはQQEのパクリではない(汗)、というのが当ブログでの結論です。

またゴールドサインFXにもQQEにも言える事ですが、だましのシグナルをかなり拾いますので
このいずれかのシステムだけを信頼してトレードするのは危険です。
自分のマイルールとプラスして利用できれば便利なシグナルです。

システムトレードとしてはビックバンFXの方が私は優れていると思います。







スポンサーサイト

海外無料シグナル配信サービス

freesignal
海外の無料シグナル配信ソフトです。取引時間まで明確に指定くれますので結構面白いと思いますよ^^こちらの無料シグナルも検証しています。ソフトダウンロード手順の記事はコチラから。

海外無料シグナル配信サービス2

freesig2
海外の無料シグナル配信システムです。30秒ごとにチャートをリアルタイムで更新。シグナルも同時に表示されています。ブルームバーグが常に流れていますので音の気になる方は音量を下げてから行ってみて下さいね^^記事はコチラから。

相互リンク集(リンクフリーです)

カテゴリー

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。